最新の技術

立てられた歯ブラシ

歯科医院というのは治療も痛いし面倒でなかなか足が向かない方も多いことと思います。
しかし最近の歯科は単に虫歯など悪いところを治すというよりは、いかに長寿に対応して歯を守るかということにも着目しているため、歯の健康を維持するための様々なプランを持っているのです。
ですから歯にトラブルがなくても定期的に診断してもらうことが歯を長く守るための大きなポイントになってきているのです。
昔の歯科のイメージしかないとなかなか通いづらいものですが、定期的にしっかり見てもらえば確実に歯を長持ちさせることができるようになるのです。
治療という視点ではなく歯のメンテナンスという視点で歯科を捉えていくことがこれからは必要な時代なのです。

治療自体も大きく変わろうとしています。
これまでは抜歯も頻繁に行われて来ましたが今ではできるだけ自分の歯を残す治療が中心になっています。
また逆に歯を失ってしまってもできるだけもとに近い形で復元するようなインプラントといった手法も利用されるようになってきているのです。
ですから昔のようなイメージで歯科を捉えているとその役割はかなり変わってきているといえます。
治療自体も短期間で終えられるものが増えていますし、できるかぎり自分の歯を利用した治療というものが増えつつあるのです。
やはり、自分の歯でいつまでも食事ができることがなによりも健康な生活を続けていく大きなポイントとなります。
そんな視点で歯科の治療も変化しているというわけです。