多くの方が利用する

カルテを持つナース

歯科医院での虫歯の治療は痛いものという固定観念がどうしても抜けないのが一般的です。
昔は麻酔もあまり効かず、痛みを伴っているのに我慢しながら歯を削ってもらわなければならなかったこともあり、そういった経験をしてきた大人が子どもにもそういう情報を伝えて恐怖してしまっているのです。
しかし、技術や医薬品の発達は著しく、麻酔の選択肢も増えてよく効くものが増えてきており、技術的な面から痛みを伴わない方法も増えてきています。
麻酔の選択肢が増えたことは特に恩恵が大きいものがあります。
歯科医師が新しく技術を習得しなくても患者によってよく効く麻酔剤を選ぶことによって同じ治療をしても痛みを感じないでくれることになるからです。
そうやって痛みを取り除く方法が発達しているのでもはや歯科治療は怖くないのです。

麻酔による無痛の治療では使用できる麻酔の数は豊富であり、いくつかを準備しておいてもし麻酔の効きが悪いときには切り替えたり、併用したりするようになっています。
患者が痛みを感じているかどうかの自覚が大切なので、痛いときには告げるということが重要になります。
一方で、麻酔とは別に技術的に痛みを伴わない方法として、レーザー治療が登場しています。
強力なレーザーを照射することによって少しずつ歯を削っていく方法であり、止血効果もあることから歯茎の治療等にも用いられます。
また、エアーボレーション法という、空気圧で微粉末をぶつけることによって歯を削る方法もあり、レーザーとともに無痛の治療法として広まりつつあります。
こういった最新の技術は扱っている歯科医院は少ないものの、次世代の治療法として注目を浴びつつあります。